金属毛細管、コンタクトプローブ、キャピラリーチューブの製造・販売

株式会社 日本特殊管製作所


Chinese site
日本特殊管製作所トップページへ製品案内業界・用途別紹介金属材質ガイド技術紹介採用情報会社情報
お問い合わせ

沿革

1952年 当社の創業者・植村政雄が非鉄金属の製造を目的として
「日本特殊管製作所」を大阪府松原市に創設し、創業を開始
1953年 日本初の火災報知器用の長尺銅毛細管を完成させ今日の礎を築く
1957年 電気冷蔵庫の銅キャピラリーチューブの開発に着手し、
日本の生産台数の1/2にもなる納入実績を上げる
1961年 東京営業所開設 (中央区)
1969年 事業の拡大に伴い大阪府富田林市に新工場を建設し、
竪型抽伸機など生産性の高い最新鋭の設備を導入
1970年 コンピューター導入
1971年 富田林市に第2工場、第3工場を建設
1973年 東京営業所を支社に昇格
1980年 本社を富田林市に移転
1986年 極毛細管の開発に着手
電極管、コンタクトプローブ用の毛細管の生産を開始
1989年 金クラッド管、セミリジット用毛細管開発に成功
1992年 生産管理システム導入
1996年 外径 0.08mm、世界最小毛細管開発に成功
1997年 極毛細管の設備増強のため、第3工場改築
2000年 IT関連の市場拡大を背景に光モジュール用メタルフェルールの生産を開始
チタン管の生産を開始
2002年 10月22日に、創立50周年の節目を迎える
東京支社移転 (千代田区)




株式会社日本特殊管製作所マーク 株式会社日本特殊管製作所    
  【 本社・工場 】
〒584-0015 大阪府富田林市西条町2丁目3625番地
TEL : 0721-98-2121 FAX : 0721-98-3402
      【 東京支社 】
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目10番3号 紀繁ビル
TEL : 03-3863-4561 FAX : 03-3863-5963

Copyright (C) 2006 NIPPON TOKUSHUKAN MFG.CO.,LTD. All right reserved.