金属毛細管、コンタクトプローブ、キャピラリーチューブの製造・販売

株式会社 日本特殊管製作所


Chinese site
日本特殊管製作所トップページへ製品案内業界・用途別紹介金属材質ガイド技術紹介採用情報会社情報
お問い合わせ

部署紹介




製造業務課


生産の管理者として製造 現場と営業の間に立ち、 工程管理や納期管理を行います。突発的な納期対応や、急な受注増にも出来る限り対応できる様、日頃から効率の良い生産を行う事を追及しています。
もちろん会社の利益確保には、原価低減策を検討していく事も重要です。それ以外にも生産に必要な材料の仕入れ業務や仕入先管理も行っています。メーカーである以上、物造り全般に関わる重要な仕事です。




技術部


パイプ製造で必要な生産設備の導入や設計、改造、修理を日常的に行います。また、新技術の開発にも力を入れており、大学と共同で研究を行う等しながら多様化するお客様の要望に応えられるよう努力しています。 技術力の向上には時間もお金も必要ですが、当社は潤沢な資金力を惜しみなく技術開発に注いでくれます。技術者としては、結果を出すプレッシャーはありますが(笑)
幅広い分野で専門的知識が必要になりますが、大手メーカーには無いやりがいを得られています。



 

品質保証部

その名の通り製品の品質を保証する部門で、既存品はもちろんのこと新規開発品にも関わりを持ちます。

企業の信頼に関わる部門である為、妥協は絶対に認められない仕事ですがその分やりがいのある 仕事です。



 

営業部

営業活動としては客先訪問を最低でも3〜4件行いながら新たな注文を頂いたり、お客様の近況を確認したりしています。会社の顔となり、お客様の求める事を聞き出し、問題をクリアーにしていくクリエイティブな仕事にワクワクしています。
また、近年海外からの注文もどんどん増えてきている為、月に1回ペースで海外出張も行っています。海外のお客様は積極的に自分をアピールしないと信頼は得られないため、その国の文化や言語の勉強も日々努力しています。





経理部

経理の仕事の醍醐味は、経営に非常に近い所で仕事が出来るという事です。 伝票の作成入力だけでなく、予算の編成・経費管理や、預金の出納管理等、 会社のお金の流れが全て把握できる事になります。
日々変化する経営状況を把握しつつ、改善の提案が出来る
どこの会社にも必ずある必要な仕事であり、経営をサポートする重要な仕事です。
また、一日中、電卓片手に帳票やパソコンとにらめっこしているイメージがあるかも知れませんが、 意外と全社的な視野で他部署とも関わる事が多く、色々な人と話す機会も多いです。
非常にやりがいがあり、自分のスキルアップに直結する仕事ですよ。




総務部


大きく分けて庶務系と人事系の仕事に分かれています。

庶務系はイベント
(株主総会・懇親会・全社集会等)の運営や施設の維持管理・安全衛生委員会事務局等

人事系は給料や勤怠管理、採用、教育など。どちらにも共通していえる事は、ここで働く従業員全員が働きやすい環境を作り上げ、それ守っていく事。
それこそが総務の仕事です。

 



株式会社日本特殊管製作所マーク 株式会社日本特殊管製作所    
  【 本社・工場 】
〒584-0015 大阪府富田林市西条町2丁目3625番地
TEL : 0721-98-2121 FAX : 0721-98-3402
      【 東京支社 】
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目10番3号 紀繁ビル
TEL : 03-3863-4561 FAX : 03-3863-5963

Copyright (C) 2006 NIPPON TOKUSHUKAN MFG.CO.,LTD. All right reserved.